みをつくし料理帖

私の大好きな小説、高田郁著「みをつくし料理帖」が

ドラマ化されて、NHKで放送されてます!



今回のドラマは私の頭の中のイメージに近い配役!

私の好きなシーンもちゃんとあったのでうれしいです。
(ご寮さんと澪の出会いの場面)


この小説の良いところを挙げるときりがないですが

・主人公の澪と、その周りの人たちがみんな優しいこと

・江戸の風景や文化が事細かに感じられること

・料理がすご~くおいしそうに描かれていること

・料理人として、人としての哲学を学べること

おおまかに挙げるとこんな感じでしょうか。


自分としてもけっこうこの小説の影響を受けてます!

「料理はその人限り」(料理には作る人の人格が表れる)

「食は天なり」(口から摂るものだけが人の体をつくる)

という言葉が小説に出てくるのですが

私も食べ物を作る仕事をする者の端くれとして

その言葉を心に置くようにしてます。



毎日毎日、同じような作業をしたり、うまくいかないことがあると

気が緩んだり、イライラすることもありますが

主人公の澪のように、食べ物を扱うときはなるべく心を平らにして

食べてくださる人のことを思い描きながら

和菓子作りをするようにしています。



とても良い小説なので、お勧めです。

小説の最後は本当に・・・素晴らしい!!

著者の高田郁様の底知れぬ力を感じました。

この方、江戸時代を生きてたんじゃないかと

どうしたらこのような素晴らしい結末を組み立てられるのかと

思うような結末なんですよ。

料理に人格が表れるように、

高田郁さんの、人を思いやる、とってもとっても素晴らしい人柄が

小説に表れているのだろうと、そう思いました。



ドラマは毎週土曜日、午後6:05~です。

今日も放送しますよ。〈注:後で確認したら、今日は休みでした!〉

そして、私はNHKの回し者ではありません~。(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ : 時代小説
ジャンル : 小説・文学

Tag:その他  Trackback:0 comment:2 

Comment

猫柳るみ子 URL|
#QObxq./c Edit  2017.05.31 Wed14:49
こんにちは!!(^^)!
私も『みをつくし料理帖』見ていますよ~!(*^_^*)
以前、民放でドラマ化された時よりも、配役はいいですよね^^
特に澪さんはそのもの!!だと思っています~♪
去年亡くなった父も『みをつくし~』が大好きで、一度読んだのに、
また最初から全巻読み返しておりました…(^_^;)
このドラマ見せてやりたかったな~と思ってます。
高田郁さんの小説は、どれも本当に面白いですよね~。
今やっている『あきない世傳 金と銀』もとても面白いです♪
こ、これもいつかドラマ化を…!(>∀<)
あんずもち URL|猫柳るみ子さん
#- 2017.06.01 Thu09:16
おお!やはりご覧になってますか~!
配役、いいですよね。
以前のドラマの時の北川景子さんは好きですが、美しすぎました。

黒木華さんは忠実な「下がり眉」で、
そこがまずファンとしてはうれしいですよね。

お父様も・・・寂しいですね。
ご覧になれたら喜ばれたでしょうね。

「あきない世傳」も読んでますよ!
2巻を読み終えたときもそうでしたが
続きがすごく気になりますね~。
脳内で勝手にドラマ化のキャスティングしてます(^皿^)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

あんずもち

Author:あんずもち
群馬県館林市の和菓子屋「さのや」です。
和菓子のことや、地域のことなど
和菓子屋ライフのいろいろな場面を紹介します。

住所:館林市西本町13-26
TEL :0276-72-1070

営業時間 9:30~19:00
定休日  月曜日 

リンクフリーです。

ネット販売始めました。
 
さのやネットショップ へどうぞ!
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
twitter
QRコード
QR