くずきり、始めました~。

今年も、くずきり 始めました~。
くずきり

どんどん夏の和菓子に切り替わってます。

くずきりは、独特のコリコリした食感と

黒蜜の風味が醍醐味ですね~。



外食するとき、あんみつやわらび餅を注文することがあるのですが

意外と、黒蜜の味がお店によって異なるんですよね。


ファミレスなどでは、まったく黒砂糖の味がしないのもあります。

そういうのはおそらく、砂糖や果糖にカラメル色素を添加したもの。

ちょっと味気ないもんですね。



当店の黒蜜は、奄美大島産の黒砂糖を100%使用しているので

濃厚かつ、エグミの少ないさわやかな甘みが特徴です。

この黒蜜を水に溶かして飲んでも

何とも言えないうまみと甘みが後味として残って

とてもおいしいんですよ~。



暑い夏に、ミネラル豊富な黒蜜は体にも良いです。

ぜひどうぞ!




にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村


テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

Tag:葛切り  Trackback:0 comment:0 

葛桜(くずざくら)始めました~。

今年も葛桜(くずざくら)の季節がやってきました。

葛桜

毎年、書いてるかもしれませんが、

葛桜は私が一番好きな和菓子!


葛という素材にも、なにか特別なものを感じるのです。

 去年の記事 ←ご覧ください~。


そうそう、去年の記事に付け加えて、

葛に関して心に残るエピソードがもう一つ。



私が小さい頃(小学校低学年頃か?)、

風邪をひいて寝込んでいたことがあったのですが

その時に父が作ってくれた葛湯がすごくおいしくて、

「こんなにおいしいものがあるのか」と思ったのです。


そして、しばらくして元気な時に、父にまた作ってもらったのですが

なぜかあの時ほどの感動は味わえず・・・。

それが、少し残念でもあり、ずっと不思議だったのですが

数年前に漢方の本を読んだときに

「漢方薬は、その時の体調に適したものを飲むとおいしく感じる」

という件を見つけて納得がいきました。



葛は漢方薬にも使われる素材で、体を温める効果があるので

風邪をひいた体に適して、おいしく感じられたのでしょう。


ただ、自分としては、やはり葛には仙人の神秘の力のような

なにやら優しい力が宿っていて

弱っている人をそっと癒してくれているような

そして、時代が変わっても、人間の本質と葛粉の効能のように、

変わらないものもあるんだよと教えてくれているような、

そんなイメージがあるのです。



そして、今NHKで放送中の「みをつくし料理帖」。

ドラマには出てくるかわかりませんが

小説の中には、「葛湯」が出てくるのですよ~。

そして、ちょっと重要な役割を果たします。



話を戻して、葛桜!

効能はさておき、モッチリ、トロリとした独特の食感が美味です。


食べたことのない方は特にお勧めです。

一度召し上がってみてください!



にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村



テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

Tag:葛桜  Trackback:0 comment:0 

あんず大福、3年ぶりに復活!そして田植え

あんず大福 3年ぶりに復活しました!

あんず大福

このごろ、お問い合わせを何回か頂いたので

久々に作ってみました。


断面はこちら!
あんず大福

あまずっぱい蜜煮のあんずが一粒入ってます。

以前は小豆のこしあんでしたが、今回は白あんです。


見た目もやさしい色あいできれいですし

味も甘さひかえめでさっぱりしてます。


お餅は、羽二重粉という、キメの細かい餅粉を使ってますので

なめらかでフワフワな食感ですよ。


初夏のひとときに・・・

あんず大福でお茶しませんか~?

よろしくお願いしま~す。



今年も、数日前に田植えをしましたよ~!

IMG_2372_convert_20170611134905.jpg

朝の田んぼは清々しいです。


IMG_2375_convert_20170611134948.jpg

写真を撮りに来たら、虎吉くんも付いてきました。

(でも、カメラの方は向いてくれない)


田植えの時は、冷たいお茶と

和菓子やせんべいやキャンディーや

熱中症予防のカリカリ梅など、

おやつをたくさん用意して、

ピクニック気分で楽しく作業します。

なので、田植えは毎年楽しみなんですよ~。



今年もおいしいお米が採れますように~。




にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村



テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

Tag:あんず大福  Trackback:0 comment:0 

水ようかん 始めました!

水ようかん 始めました~。

水ようかん

だんだんと夏の和菓子に移り変わっていきます!



言ってみれば、こしあんを水で溶いて

寒天で固めただけ・・・の

とてもシンプルな和菓子ですが

シンプルなだけに奥が深いのです・・・。


まず良い材料を使うのはもちろん、あんこの丁寧な下ごしらえ、

そして仕上げの煮詰め加減で、味や食感が変わってしまいます。



口の中でホロリと溶ける、何とも言えない食感。

添加物を一切使用していないので

後味もスッキリした甘さでおいしいです。


夏の定番!ぜひよろしくお願いします~。




今日は、「みをつくし料理帖」の放送あります~。

NHK総合で 18:05 からです。

とっても好きな小説のドラマなのでお勧めします!





にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

Tag:水ようかん  Trackback:0 comment:0 

みをつくし料理帖

私の大好きな小説、高田郁著「みをつくし料理帖」が

ドラマ化されて、NHKで放送されてます!



今回のドラマは私の頭の中のイメージに近い配役!

私の好きなシーンもちゃんとあったのでうれしいです。
(ご寮さんと澪の出会いの場面)


この小説の良いところを挙げるときりがないですが

・主人公の澪と、その周りの人たちがみんな優しいこと

・江戸の風景や文化が事細かに感じられること

・料理がすご~くおいしそうに描かれていること

・料理人として、人としての哲学を学べること

おおまかに挙げるとこんな感じでしょうか。


自分としてもけっこうこの小説の影響を受けてます!

「料理はその人限り」(料理には作る人の人格が表れる)

「食は天なり」(口から摂るものだけが人の体をつくる)

という言葉が小説に出てくるのですが

私も食べ物を作る仕事をする者の端くれとして

その言葉を心に置くようにしてます。



毎日毎日、同じような作業をしたり、うまくいかないことがあると

気が緩んだり、イライラすることもありますが

主人公の澪のように、食べ物を扱うときはなるべく心を平らにして

食べてくださる人のことを思い描きながら

和菓子作りをするようにしています。



とても良い小説なので、お勧めです。

小説の最後は本当に・・・素晴らしい!!

著者の高田郁様の底知れぬ力を感じました。

この方、江戸時代を生きてたんじゃないかと

どうしたらこのような素晴らしい結末を組み立てられるのかと

思うような結末なんですよ。

料理に人格が表れるように、

高田郁さんの、人を思いやる、とってもとっても素晴らしい人柄が

小説に表れているのだろうと、そう思いました。



ドラマは毎週土曜日、午後6:05~です。

今日も放送しますよ。〈注:後で確認したら、今日は休みでした!〉

そして、私はNHKの回し者ではありません~。(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村


テーマ : 時代小説
ジャンル : 小説・文学

Tag:その他  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

あんずもち

Author:あんずもち
群馬県館林市の和菓子屋「さのや」です。
和菓子のことや、地域のことなど
和菓子屋ライフのいろいろな場面を紹介します。

住所:館林市西本町13-26
TEL :0276-72-1070

営業時間 9:30~19:00
定休日  月曜日 

リンクフリーです。

ネット販売始めました。
 
さのやネットショップ へどうぞ!
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
twitter
QRコード
QR